FSC森林認証とは?

木々

FSCとは

FSC(Forest Stewardship Council®、森林管理協議会)は責任ある森林管理を世界に普及させることを目的として設立した、国際的な非営利団体です。

『FSC JAPAN ホームページはこちら』

FSC森林認証とは

FSCマーク
FSCマーク

私たちは、知らないうちに違法伐採された木材や、生態系を破壊している森の資源を利用している可能性があります。

その中で、FSC森林認証は、きちんと管理された森林から作られた製品であることを、消費者に目に見える形で届けることができる仕組みです。

認証は、独立した第三者認証機関が審査を実施の上、適切な管理体制を示した組織に対し与えられます。

認証された管理体制で取り扱っている製品にのみ、FSCラベルを付けることができ、消費者に対して、認証された製品であることを伝えられます。

FSC認証製品を使用する企業のメリット

FSC認証製品を使用することで、持続可能な森林資源の活用に力を入れている企業であることがアピールでき、消費者やお取引先様から信頼が得られます。

また、FSC認証は、SDGsの14の目標(1、2、3、4、5、6、7、8、12、13、14、15、16、17)と40項目のターゲット(達成基準)に該当し、SDGsの推進にも貢献します。

最近では、紙や木製製品を製造する企業だけでなく、名刺や商品カタログにFSC認証紙を取り入れる企業が増えてきており、FSC認証素材の需要は益々高まってきています。

私どもコーエーも認証を取得したことで、様々なお取引先様のニーズにお応えすることが可能になりました。

森林管理のためのFSCの10原則と基準

FSC森林認証では、「森林管理のためのFSC®の10原則と基準」に基づき、適切に管理された森林を認証します。

  • 原則1: 法律の順守(法律や国際的な取り決めを守っている)
  • 原則2: 労働者の権利と労働環境(労働者の権利や安全が守られている)
  • 原則3: 先住民族の権利(先住民族の権利を尊重している)
  • 原則4: 地域社会との関係(地域社会の権利を守り、地域社会と良好な関係を保っている)
  • 原則5: 森林のもたらす便益(森林のもたらす多様な恵みを大切に活かして使っている)
  • 原則6: 森林の多面的機能と環境への影響(環境を守り、悪影響を抑えている)
  • 原則7: 管理計画(森林管理を適切に計画している)
  • 原則8: モニタリングと評価(管理計画の実施状況を定期的にチェックしている)
  • 原則9: 高い保護価値(HCV)(保護すべき価値のある森などを守っている)
  • 原則10: 管理活動の実施(管理活動を適切に実施している)